ANTOR-JAPANの中東最新記事とアーカイブです。


by gomideast

最新情報

f0184402_3514214.gif

f0184402_3515863.gif
ドバイ政府観光・商務局


ドバイ・ショッピング・フェスティバルが開幕!−2月末まで

毎年世界中のショッピングフリークの間で注目されているドバイのイベント「ドバイ・ショッピング・フェスティバル(DSF)」が、今年も1月28日から2月28日まで、32日間に渡りドバイ市街で開催中です。ドバイ好きの人、ショッピング好きの人は要チェックです!

街には写真のようなDSFのサインが並び、50以上のショッピングモールなどで、50%割引は当たり前のセールが行われます。「ナイト・スーク」もこの時期限定でドバイ・クリーク沿いにオープンします。

ドバイランド内のグローバル・ビレッジでは、世界30カ国以上から集まるパビリオンで民芸品や特産物が購入可能です。ショッピングセールのほかにも、街の各所でさまざまなイベントが開かれ、まさにフェスティバルムード一色です。

そして、もうひとつの楽しみが毎年恒例の「ラッフル(懸賞くじ)」。期間中、高級車の最新モデルや純金を毎日プレゼントするなど、その賞品の豪華さはドバイならでは。毎年この期間を狙って渡航する日本人リピーターがいるのもうなずけます。この期間にドバイを訪ねれば、いつもよりも賑やかなドバイ滞在が楽しめることでしょう。

DSF公式ホームページはこちら(英語・アラビア語)。
f0184402_1832079.jpg
街全体がセール一色に

[PR]
# by gomideast | 2010-02-08 18:04 | ドバイ

最新情報

f0184402_3514214.gif

f0184402_3515863.gif
ドバイ政府観光・商務局


世界一高いビルの展望台「アット・ザ・トップ」がオープン!

アラブ首長国連邦ドバイ首長国内に、世界一の高さを誇るビル「バージュ・カリファ(Burj Khalifa)」の124階に、展望台「アット・ザ・トップ(At The Top)」が今年1月4日にオープンしました。同ビルの高さは828メートル、フロアは160階となり、展望台は地上から442メートル、124階に位置し、ドバイ市街を360度見渡すことができます。

展望台へは、隣接のドバイ・モール内にある入場ゲートから動く歩道に乗り、その後、秒速10メートルの専用エレベーターで124階まで、約1分で昇ります。移動中も、ドバイの歴史や遷り変わり、バージュ・ドバイの完成までの経過などがマルチメディアで紹介されます。

展望台のフロアには、圧巻の景色を屋外で感じることのできるオープン・エア・テラスのほか、現在の景観に加え、過去、未来の姿も映し出される望遠鏡など、目の前に広がる眺望や眼下に見えるドバイの街を思う存分楽しむことができます。また、バージュ・カリファに関するアトラクションや、「バージュ・カリファ」ブランドのグッズを販売する売店などもあります。展望台見学の平均所要時間は約1時間です。

アラビア語で「塔」を意味する「バージュ」、そしてUAE大統領兼アブダビ首長の名前である「カリファ」から名づけられたバージュ・カリファは、砂漠の花ヒメノカリス(Hymenocallis)をイメージしたデザインを採用しており、地域特有のイスラム建築も取り入れたつくりとなっています。同ビルには、57機のエレベーターと8機のエスカレーターが設置され、アルマーニ・ホテル・ドバイをはじめとする、商業・居住・娯楽の施設が順次オープンする予定です。

【入場料】
▼前売り券=大人100ディルハム(約2450円)/子供75ディルハム(約1840円)
▼当日券=大人210ディルハム(約5151円)/子供210ディルハム(約5151円)
f0184402_1705480.jpg
高さ世界一の「バージュ・カリファ」

[PR]
# by gomideast | 2010-02-08 17:01 | ドバイ

最新情報

f0184402_3514214.gif

f0184402_3515863.gif
ドバイ政府観光・商務局


『第6回ドバイマラソン2010』が1月22日開催
親善大使の千葉真子さんも参加


ドバイのスポーツ・イベント『ドバイマラソン2010』が今年は1月22日に開催されました。第6回目を迎えたこのイベントには参加者が世界中から集まり、毎年その数が増え続けています。

ドバイマラソンのコースは、アラビア湾の美しい海岸線に沿って設定されており、絶景を楽しみながら走ることができます。一方、コースは起伏がない平坦な道で、気温も10〜15℃前後という初夏のような過ごしやすい気候のため、気持ちのよい走りが楽しめると評判です。

加えて、日本との時差が5時間で体調管理がしやすいことや、距離が「キロ」表示であることからも、日本人ランナーにも走りやすい環境なのが特徴です。

種目はフルマラソンのほか、10km、3kmの計3種目があり、体力に応じて選択可能です。アフターレースに最適なスパや、雄大な砂漠を堪能できるオプショナルツアー、フリーポートのショッピングなど、マラソンだけではない、ドバイならではのアクティビティも楽しみのひとつです。

また、今年の大会ではドバイ政府観光・商務局日本事務所がスポーツコメンテーターとして活躍する千葉真子さんを「ドバイマラソン親善大使」に任命いたしました。今回のマラソンに千葉さんにもご参加いただき、マラソンイベントの魅力をより多くの方に伝えていただきました。
f0184402_16585027.jpg

[PR]
# by gomideast | 2010-02-08 16:59 | ドバイ

アーカイブ

f0184402_3514214.gif

f0184402_3515863.gif
ドバイ政府観光・商務局


世界で最も高い展望台が
ドバイに2010年1月オープン


ドバイ首長国内で建設中の世界で最も高いビル「バージュ・ドバイ(Burj Dubai)」の124階に、展望台「アット・ザ・トップ(At The Top)」が、ドバイ首長の即位記念日にあわせ2010年1月4日にオープンします。

バージュ・ドバイの高さは818メートル以上、階数で160階以上となる予定で、展望台は地上より442メートル、124階に位置し、ドバイ市街を360度見渡すことができます。

展望台へは、隣接のドバイ・モール内にある入場ゲートから動く歩道に乗り、その後、秒速10mの専用エレベーターで124階まで約1分で昇ります。移動中も、ドバイの歴史や遷り変わり、バージュ・ドバイの完成までの経過などがマルチメディアで紹介されます。

展望台のフロアには、圧巻の景色を屋外で感じることのできるオープン・エア・テラスのほか、現在の景観に加え、過去、未来の姿も映し出される望遠鏡など、目の前に広がる眺望や眼下に見えるドバイの街を思う存分楽しむことができます。

また、バージュ・ドバイに関するアトラクションや、「バージュ・ドバイ」ブランドのグッズを販売する売店などもあります。展望台見学の平均所要時間は約1時間です。

アラビア語で「ドバイの塔」を意味する、バージュ・ドバイは、砂漠の花ヒメノカリス(Hymenocallis)をイメージしたデザインを採用しており、地域特有のイスラム建築も取り入れたつくりとなっています。

ビル内には、57機のエレベーターと8機のエスカレーターが設置され、アルマーニ・ホテル・ドバイをはじめとする、商業・居住・娯楽の施設が順次オープンする予定です。

公式ホームページはこちら(英語のみ)。
f0184402_17504010.jpg
展望台の完成イメージ

[PR]
# by gomideast | 2010-01-08 17:52 | ドバイ

アーカイブス

f0184402_3514214.gif

f0184402_3515863.gif
ドバイ政府観光・商務局


「ドバイマラソン2010」大解剖
ランナーの皆さん、次はドバイです!


来年1月22日に開催される「第6回ドバイマラソン2010」は、参加者が世界中から集まり、毎年その数が増え続けている注目イベントです。アラビア湾の美しい海岸線にコースが設定されており、絶景を楽しみながら走ることができます。

また、コースは起伏がない平坦な道で、気温も10〜15℃前後という初夏のような過ごしやすい気候のため、気持ちのよい走りが楽しめると評判です。加えて、日本との時差が5時間で体調管理がしやすいことや、距離が「キロ」表示であることからも、日本人ランナーにも走りやすい環境となっています。そんな「ドバイマラソン」の魅力を大解剖!実際の参加ランナーさんからのアドバイスも紹介します。

★今年1月に参加したランナー誌編集者が教える
   「ドバイマラソン」のポイント!


「ドバイマラソンはとにかく直線コースなので、一見、単調に思われてしまうかもしれませんが、超高級ホテルのバージュ・アル・アラブや世界一の高層ビルのバージュ・ドバイなどを見ることができ、建築物を見ながら走る楽しみがあります。他にも、モスク、地元の人が使うマーケット、門しか見えない豪邸など、普段は馴染みの少ないイスラム圏の街の様子や、車での移動では気づかない雰囲気が分かり、こうした文化の違いを感じながら走ることが楽しめます」

「また、今年はレース序盤に綺麗な朝焼けを見ることもできましたし、世界記録保持者のゲブレセラシエ選手ともすれ違うことができるなど、他の大会では体験することができないドバイならではの特徴もありました。」

「距離表示は1kmごとに大きな看板がありますし、起伏もないので、ペース感覚はつかみやすいと思います。参加者がそれほど多くないので、混雑しないで走れるのもメリットです。一方で、目標となるランナーも少ないので、自分でペースを作る練習をしておいたほうが良いでしょう」

「注意したいのは、ほぼ直線の往復コースなので、行きが緩やかな追い風の場合、それに気づかずに飛ばしていると、折り返した途端に向かい風が吹いていて驚くことがあります。これはドバイマラソンに限った話ではありませんが、直前の往復コースのマラソンでは、風向きをチェックしておくことは重要です」


ドバイ政府観光・商務局日本事務所では、スポーツコメンテーターとして活躍する千葉真子さんを「ドバイマラソン親善大使」に任命しました。次回のマラソンに千葉さんにもご参加いただき、同イベントの魅力をより多くの方に伝えていただくことで、ドバイマラソンへの参加者を増やしたいと考えています。

ドバイマラソンに参加ご希望の方はこちらからエントリーができます。英語サイトですが、登録はとっても簡単です。
f0184402_2044029.jpg

[PR]
# by gomideast | 2009-10-06 20:06 | ドバイ