ANTOR-JAPANの中東最新記事とアーカイブです。


by gomideast

アーカイブス

f0184402_3514214.gif

f0184402_3515863.gif
ドバイ政府観光・商務局


ラマダンカリーム!今年のラマダンは8月下旬から

「『ラマダン』って聞いたことはあるけど、断食をする以外のことはよく分からないので教えてほしい」、「観光客も断食をしなくちゃいけないの?」という声がたくさん観光局に届きました。『ラマダン』のことについて、またラマダン時の観光客の過ごし方をご紹介します。
(※ラマダンカリームとはラマダン時の挨拶。カリームは「寛大」の意)

【ラマダンって?】
ラマダンは精神を鍛錬し、神への信仰をより深めるための月です。また、満足に食事ができない貧しい人たちの苦しみを味わうことで、弱い立場の人をいたわる気持ちを持つという意味もあります。さらに世界中のイスラム教徒がいっせいに同じ試練を共有することで、イスラム教徒としての連帯感を強める意味もあります。

【いつ始まるの?】
今年のラマダンは8月22日前後から1ヶ月間の予定です。ラマダンはイスラム暦の第9月の呼び名。ラマダンの始まりは新月が見えたときなので、正確な日程は発表当日までわかりません。イスラム暦は太陰暦で太陽暦より10日ほど短いため、毎年10日ずつ早くラマダンがきます。期間は約1ヶ月間です。

【1ヶ月間も食事をしないの?】
断食中は、飲食はもちろん喫煙も禁止されます。しかしそれも日の出から日没までで、日没後は家族と一緒に普段よりごちそうのイフタール(日没後の最初の食事)をとり、友人の家を訪ねたり、カフェへ出かけたりと、夜遅くまで楽しく過ごすのがドバイ流のラマダン月の過ごし方です。

【ラマダン時に渡航する場合はどのように過ごせばいいの?】
イスラム教徒でなければ、無理に断食する必要はありませんが、まわりの人達は断食中ですので、それなりに配慮するのがマナーです。日中は屋外での飲食や喫煙ができなくなったり、アルコールはルームサービス、または午後7時以降のみといった制約がありますが、ホテル内のレストランは通常どおり営業しているのでご心配なく。

また日没後は各ホテルにてイフタール・ビュッフェを楽しむことができます。ごちそうを堪能した後は、プールサイドやガーデンに特設されたラマダン・テントに移り、アラビック・コーヒーやシーシャ(水タバコ)を楽しみながらゆったりした時間を過ごす。そんなドバイ流のラマダンを体験してみては?
f0184402_20395768.jpg
ラマダン時に見かけるラマダン・テント

[PR]
by gomideast | 2009-08-07 20:41 | ドバイ